軽自動車 任意保険も軽くエコノミーに!

軽自動車 任意保険

軽自動車はハイブリッドや電気自動車が出る前から日本のエコカーでした。

エコな軽自動車は任意保険もエコノミーが似合います。

軽自動車には中間コストを省いた通販型がお勧めです。


通販の任意保険は代理店手数料・支店経費などが省略され、顧客と直接に取引される自動車保険です。


代理店手数料(20%)が省かれ払い過ぎの心配のない保険料で、安心の補償や事故対応サービスが提供されます。


中でも無料のロードサービスは取り回しの多い軽自動車に最適!


事故の時のレッカー移動、宿泊費用・帰宅費用サービスだけではありません。

パンク修理|ガス欠時のガソリン補充|カギ閉じ込みのカギ開け|バッテリー上がり|スペアタイヤ交換|オイル漏れ点検補充|冷却水補充|落輪引上げ等々・・・


大助かりの日常故障サービスが盛りだくさんです。

保険の自由化で通販という「軽」にピッタリの自動車保険ができました。


軽自動車の任意保険に相性ピッタリの通販型


保険のしくみが理にかなっているから「安くて安心」

軽自動車 任意保険

通販だからといってサービスコストは犠牲にされていません。


通販の任意保険は顧客と直接取引を行うダイレクト系の自動車保険です。

ダイレクト系の保険料が安いのは、代理店コストの省略リスク細分のしくみによります。


省略された中間コストが保険料設定だけでなくロードサービスなどのサービスの充実にも充てられています。


でも中にはネットでの契約がちょっと不安というな方もいるかもしれません。

・事故受付、事故対応は大丈夫だろうか?

・都市以外でも事故対応は大丈夫だろうか?

・サービス拠点は十分だろうか?

まずはダイレクト系の体験談をご覧ください。



軽自動車の任意保険 通販型の安心には外れがありません。

軽自動車 任意保険

代理店を通さない通販型の任意保険は、全国どこでも均一な「安心」を提供するしくみを採っています。


事故時の代理店によるあっせん・仲介は法令違反なので行なわれることはありません。

事故対応は保険会社が直接行うのは代理店系でもダイレクト系でも同じです。

事故の時の代理店型のメリットは、代理店から「アドバイス」が受けられることです。


でも日本では専業のプロ代理店は業界の10%程度だと言われています。

「代理店の方が安心」というのは、数少ない専業「プロ代理店」に恵まれた場合の話だということになります。


一方、通販のダイレクト系は、事故対応24時間365日受付、初期対応365日実施、豊富な無料ロードサービスなど顧客全員が均一のサービスを受けられるしくみになっています。

代理店探しの心配が無い(=払い過ぎの心配が無い)ことがダイレクト系のメリットといえるでしょう。


軽自動車の任意保険でこんなサービスまで無料?

軽自動車 任意保険

通販のスタンダード「アクサダイレクト」の無料サービスの例です。

【事故に遭ったとき】

距離無制限のレッカー移動(指定工場まで) 宿泊費用サービス 帰宅費用サービス

【故障のとき】

パンク修理 ガス欠時のガソリン補充 カギ閉じ込み時のカギ開け バッテリー上がり スペアタイヤ交換 各種オイル漏れ点検補充 冷却水補充 自力走行不能になった時のレッカー移動 落輪引上げ 修理完了後の車両搬送 修理車両引き取りの時の片道交通費50,000円まで

【その他】

自宅玄関カギの緊急開錠 家族・旅行会社へのメッセージサービス


もうご覧いただくだけで説明が要らないほどです。

この無料サービスを経験するだけで今までに無いお得感が味わえるでしょう。



■自動車保険を切り替えても等級の引継ぎは心配ありません。

一括見積で自動車保険の見直しを行い保険会社を乗り換える時でも、自動車保険の等級は心配なく引き継がれます。

保険会社が変わるからといって新規加入時の6等級に逆戻りすることはありません。


等級制度(ノンフリート等級制度)はすべての自動車保険会社が統一的に取り扱いことになっており、一人一人の保険証券の契約番号は保険会社同士で共通のデータとして共有されています。

等級が引き継がれるからこそ各保険会社は自社の自動車保険への切り替えを勧めたり宣伝したりすることができるわけです。


自動車保険の見直しで等級の心配はしなくても良いということです。



■通販型には安くなる理由がある

通販型自動車保険の見積もりを見て安さに驚くとともに「条件が同じなのにこんなに安くなって大丈夫?」と思う人もいると思います


通販型の自動車保険の保険料が安い理由ははっきりしています。

最も大きい理由は、代理店の手数料、支店店舗等の維持費、販売員の人件費等、中間コストを省略して「直接取引」を行っていることです。

中でも代理店の手数料は保険料の2割になりますから、この有無の差は決定的です。


代理店業界の約90%が車ディーラーなど副業の代理店であるというのはネットでもよく言われていますが、通販型自動車保険はこのような業界に、中間コストを省いた直接販売で「適正価格」を提示しているといえるでしょう。

補償、事故対応、故障サービスなど自動車保険の基本的な事柄については、通販型も代理店型も金融庁の厳格な管理下にある保険事業ですから、基本的には何の違いもありません。


かつて、保険金の出し渋り問題で代理店系自動車保険大手が何社も金融庁から是正を受けたことがありましたが、このように通販であろうが代理店販売であろうが、何か問題があれば金融庁が放って置かないということです。




■事故対応なども基本的には代理店型と同じ

代理店は事故対応を行う所ではありません。

たとえ「プロ代理店」であっても事故時のあっせんや仲介などを行えば法律違反になります。


「事故対応は保険会社が直接行う」という点は代理店系でもダイレクト系でも同じことです。

事故の時の代理店のメリットというのは「アドバイス」が受けられることです。


ネットでよくある「代理店の方が安心」だが「代理店探しが何よりも重要」というコメントは、アメリカなどと違い専業のプロ代理店が少ない(1割)という日本の保険代理店業界の現実を表しています。

代理店系の方が安心というのは20%の手数料に見合う「プロ代理店」を通して契約できた場合の話であると考えるべきでしょう。


一方通販型は、事故対応24時間365日受付、初期対応(病院、修理工場への連絡等)365日実施、豊富な無料ロードサービスなど顧客全員が均一のサービスを受けられるようなしくみになっています。


■ダイレクト系こそ軽自動車にピッタリの保険です

軽自動車の任意保険なら通販の自動車保険がピッタリです。

エコカーはプリウス、インサイトなど日本のハイブリッド車の独壇場ですね。

また軽自動車も燃費のよさ、自賠責保険など維持費の安さで、世界に誇る日本のエコカーです。

エコカーにはエコノミーな自動車保険を!

軽自動車、ハイブリッド車に割高な任意保険は似合いません。

通販の自動車保険は、

1 代理店を通さずドライバーと直接つながるダイレクト販売

2 ライフスタイルにあわせた保険料設定

3 さまざまな割引や特約

により、軽自動車、ハイブリッド車にピッタリの合理的なプライスの自動車保険を実現します。

毎年満足度ランキング上位に名を連ねる通販自動車保険は補償や事故対応も安心!

無料のロードサービスは、エコロジーな軽自動車をエコノミーに支えます。


アクサダイレクト自動車保険は、通販によるダイレク販売の自動車保険であり、保険の仕組みのタイプとしては「リスク細分」型の保険です。

リスク細分型の特徴として、保険料は、被保険者のリスクが細分され、

・走行距離 ・車の使用目的 ・ゴールド免許 ・運転地域 ・運転者の年齢

などに応じて、一人ひとりきめ細かく設定されます。

更に、ABS割引、エアバッグ割引、運転者年齢条件、運転者家族限定特約、ファミリーバイク特約、複数契約割引など、各種の割引・特約が行なわれ、保険料が一層安く設定されます。

アクサダイレクトのこのような保険料の安さは、ダイレクト販売により代理店軽費などの中間コストを省くこと、リスクの細分によりきめ細かな割引を設定することにより実現しているのであり、事故対応、ロードサービスなどのサービス面のコストを削減して実現しているのでは、ありません。

事故・故障の時のサービスも業界トップクラスであり、対人・対物事故では経験豊富なプロの専任社員スタッフが示談代行を行い、複雑な交渉や調停・訴訟の手続きの場合は全国の顧問弁護士が対応します。

契約者全員に付く無料のアシスタントサービスは自宅でのトラブルも対象となり、無料レッカー移動の距離はなんと無制限(修理工場指定の場合は35kmが限度)。契約2年目以降はサービス内容が更にグレードアップします。

事故対応受付、アシスタンスサービス受付は24時間365日。全国約7,500ヶ所(2008年3月末現在)のアシスタンスサービス拠点によって、単なる事故対応の保険会社としてではなく、契約者1人1人のカーライフを安心サポートするのがアクサダイレクトのモットーになっています。

■迷った時には一括見積という方法もあります

保険の自由化により、自動車保険は数多くの商品による競争になっています。

このような状況は消費者にとってはうれしいことなのですが、いざ現実に選ぶとなると、どれが良いものやらそう簡単には分からないようになりました。

そのような時、自動車保険の一括見積もり無料サービスは、自動車保険選びにとって欠かせないツールになったと言っていいでしょう。

自動車保険の見直しでは、各社の保険料やサービスの違いが重要なポイントになります。

欧米ではポピュラーなダイレクト販売、リスク細分のよる適正価格(代理店経費20%を欠けない"安さ")をセールスポイントに売上を伸ばしています。

いろいろな選択肢ができたのはいいいのですが、各社の取り扱う補償や費用の違い、通販型と代理店型、リスク細分型と従来型の違いなど商品のタイプの違いによって最適の自動車保険選びが自由化前に比べてはるかに難しくなっているのも事実です。

自動車保険見直しのためには、各社の特徴の違いを比較することが欠かせませんが、数多の保険会社の多様な特色を持つ自動車保険を一つ一つ比較するのは非常に大変な作業になります。

そんな時に役に立つサービスが「自動車保険一括見積もりサービス」です。

ネットの自動車保険一括見積は、

・複数の会社から条件に合う最適な保険会社を絞り込むことができる

・1回の入力で複数の保険会社に見積り依頼が行なわれる

・メール又は郵送で回答が届くので簡単・便利

というメリットがあり、自動車保険を「安くしたい!」「見直したい!」という時に欠かせないステップです。

各保険会社の見積り資料によって行なう比較・検討ほど確実なものはありません。

更新の通知があったら、一度、一括見積サイトを利用して見てください。

自動車保険各社による自動車保険料金の違いに本当に驚くと思います。

同じ条件なのになぜこんなに保険料が違うのかという疑問が見直しの本当のポイントを教えてくれるでしょう。

Copyright © 軽自動車 任意保険も軽くエコ&エコノミー All Rights Reserved.